スポンサーリンク

淡路島旅行2017 お勧めのお店からお土産まで!

 

淡路島篇の総集編として、今年の旅行で訪れた場所をまとめて振り返っていきたいと思います。

淡路島は、大阪市内からでも1時間強で遊びにいけます。

また、最近では、グランピング施設やキャンプ場も続々とオープンしアウトドアでも充実した環境が増えてきています。

そんな注目の淡路島に遊びに行くうえで、何か参考になれば嬉しいです。

まず、今回は夏旅行ということもあり、海遊びがメインで大浜海水浴場へ向いました!

海でのお昼ごはんが、コンビニ飯では残念なので、雑誌『リシェ』淡路島特集の表紙に載っていた『あなごおにぎり』を買っていこう!と『炭火焼きあなご あさじ』に向いました。

あさじの記事についてはこちら!

炭火焼きあなご あさじ

そして、おにぎりだけでは足りないので、大浜海水浴場まで10分程度の場所にある柿原鶏卵販売『たまごやさんちのたこ焼き 』に訪問。

淡路島のとれたてたこを、大きくぶつ切りにし、から揚げにした名物たこ焼きが有名です。

そのたこ唐が入った『たこ唐たこやき』や『お好み焼き』や『焼きそば』を購入しました!

『たまごやさんちのたこ焼き 』についての詳細はコチラ!

たまご屋さんちのたこ焼 たこ唐たこやき

これで、お昼ごはんの準備は万端です。

目的地の大浜海水浴場へGO!

大浜海水浴場

海遊びを満喫したら、ちょっとデザートタイムということで、

農カフェ&デザートで注目の『星の果実園』へ!

星野果実園 外観

『星の果実園』では、特製のソフトクリームや果実たっぷりのケーキを美味しくいただきました。

お腹も満腹になったところで、本日の宿泊ホテル『海の見えるホテル 島花』へ!

6Fからの眺め

『海の見えるホテル 島花』はホテルニューアワジグループのホテルで、本館のプールや温泉施設も利用できます!

展望浴室 霑(てん) 露天風呂
展望浴室 霑(てん) 露天風呂

写真は島花の施設ですが、島花紹介記事では、本館についても記載していますので、参考にしてもらえればと思います。

今回の旅行では、朝食のみのプランにした為、晩御飯は洲本市内に食事に行きました。

しあわせ島ごはん まどみ』で晩御飯を食べたのですが、超絶ボリュームに圧倒されました。

しあわせ島ごはん まどみ タチウオ竜田揚げ

でも、美味しくいただけて満足度は非常に高かったですよ。

2日目の朝は早いです。6時に起床し、朝の温泉で目覚めたら、7時からは朝食を頂きます。

島花の朝食ビュッフェは、種類も豊富で満足度が高かったです。

島花 朝食ビュッフェ

そうすることで、8時~10時過ぎまでプールを満喫し、最後に温泉でリフレッシュしェックアウトしました。

海のホテル島花 プール

朝から、しっかり遊んだので、お昼もガッツリ食べたくなりますね。

お昼は、帰り道がてら、淡路サンセットラインにある海辺の白いカフェレストラン ミエレでランチしました。

ミエレ(miele)

ミエレはのじまスコーラの姉妹店で、淡路島バーガーやピザ、カレーや釜揚げしらす丼をいただくことが出来ます。

お昼も食べて満足したら、最後は淡路ハイウェイオアシスへ向います。

淡路ハイウェイオアシスで、鉄板のお土産をたくさん買って帰りました。

淡路島 たまねぎスープ

詳細は写真をクリックしてもらうと、それぞれの記事に飛びますので、淡路島遊びの参考になればと思います。