スポンサーリンク

back number ベスト盤「アンコール」

2019-06-15

back number 初のベストアルバム「アンコール」を購入しました!

といっても購入したのは妻ですが。

FM802で流れていた曲から気に入って、すっかりファンになったようです。

で、毎日流しているので、自分もすっかりファンになってしまいました。

今や、10代、20代に絶大な人気を誇るback number。

今の子達のクリスマスソングといえば、back numberの『クリスマスソング』が定番らしいです。

私の時代は、マライア・キャリーや稲垣潤一 クリスマスキャロルの頃には だったのですが。。

しかし、そんなおっさん世代にも、back numberの楽曲は響くのです!

何故?響くのか?

wikiより

群馬県にて清水依与吏を中心に結成。バンド名は「付き合っていた女性をバンドマンにとられた。彼女にとって、振られた自分はback number(型遅れ)だから」 という意味で清水によって付けられた。

それは、ボーカル・ギターの清水 依与吏さんが作る世界観が、共感を生みやすい世界観を創られているからだと思います。

A-studioに出演された時に発言されていたのですが、仲良しのゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんが作る世界観と基本は同じであると!

ただ、アウトプットが違うとこうも変わるのか!?と。

切なさの表現が素晴らしく上手いんですよね。

ストレートな思いを詩に込めた世界観が、多くの人の共感を産んでいるんじゃないでしょうか。

数々の楽曲のなかで私のお気に入りは『スーパースターになったら』がお気に入りです。

そんな、back numberの世界がギュッと詰まった2枚組のベスト盤『アンコール』

気になる方は是非!!

アンコール収録曲

DISC 1
01. 高嶺の花子さん
02. 花束
03. ハッピーエンド
04. クリスマスソング
05. はなびら
06. 黒い猫の歌
07. fish
08. 君がドアを閉めた後
09. 青い春
10. 光の街
11. stay with me
12. MOTTO
13. 恋
14. 世田谷ラブストーリー
15. 半透明人間
16. 日曜日

DISC 2
01. 春を歌にして
02. 僕の名前を
03. SISTER
04. 助演女優症
05. 繋いだ手から
06. エンディング
07. そのドレスちょっと待った
08. わたがし
09. 電車の窓から
10. ヒロイン
11. 幸せ
12. アップルパイ
13. 003
14. 手紙
15. 思い出せなくなるその日まで
16. スーパースターになったら