スポンサーリンク

今の時代こそ聴いて欲しい小室サウンド・TM NETWORK『CAROL』『EXPO』

2019-07-21

TM NETWORK CAROL EXPO 2018年1月19日 小室哲哉さんが引退を発表しました。

いろんな要素が絡んでの引退決意だったのかもしれませんが、いち小室サウンドのファンとしては寂しい限りです。

『TM NETWORK』『TMN』の音楽は、青春時代の音楽だったのでおそらくずっと好きな音楽として付き合っていくと思います。

小室サウンドの原点である、『TM NETWORK』の音楽は、様々な実験的なアルバムが多くあります。

その中でも、今のクラウド時代の音楽リスナーにこそ、聴いて欲しい小室さんのアルバムがあります。

ベスト盤や流行った曲だけアルバムから聴くのではなく、アルバムとして連続で聴くことで、その世界観が再現されるアルバムの良さを是非体験して欲しいです。

まず一つ目が、『CAROL』

TM NETWORK『CAROL』

1988年に発売されたアルバム。

コンセプト・アルバムで、彼らのこだわりが詰まったアルバムになっています。

当時、まだ目新しかったシンセサウンドで地位を築きつつあった彼らが、アナログにこだわり製作されたアルバムとなっております。

また、当時では珍しかったメディアミックス戦略がとられており、小説やアニメ化、ラジオドラマなどが展開されました。

コンサートツアーは、ミュージカル調で、CAROLの世界観を再現したものとなっておりました。

先行シングルの『 COME ON EVERYBODY』、映画『7日間戦争』の主題歌として採用された『SEVEN DAYS WAR』、アニメ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の主題歌でもあった『BEYOND THE TIME』、アニメ『シティハンター』のエンディングテーマとして採用された『STILL LOVE HER』などメジャーな楽曲が含まれている完成度の高いアルバムです。

しかし、それらのシングル曲もアルバムの中では、世界観を構成する一つとなっている点が素晴らしいです。

『CAROL A DAY IN A GIRL’S LIFE』
1. A DAY IN THE GIRL’S LIFE (永遠の一瞬)
2. CAROL (CAROL’S THEME I)
3. CHASE IN LABYRINTH (闇のラビリンス)
4. GIA CORM FILLIPPO DIA (DEVIL’S CARNIVAL)
5. COME ON EVERYBODY
6. BEYOND THE TIME (EXPANDED VERSION)
7. SEVEN DAYS WAR (FOUR PIECES BAND MIX)
8. YOU’RE THE BEST
9. WINTER COMES AROUND (冬の一日)
10. IN THE FOREST (君の声が聞こえる)
11. CAROL (CAROL’S THEME II)
12. JUST ONE VICTORY (たったひとつの勝利)
13. STILL LOVE HER (失われた風景)

TM NETWORK『EXPO』

続いては、アルバム 『EXPO』

こちらのアルバムもコンセプト・アルバムで「博覧会のパビリオン」というテーマで作成されています。

ライナーノーツの最初のページには、
TMN EXPO PAVILLION MAP
The center pavillion contains the main theme.
The other pavilions portray the various tracks.
There are twelve pavilions in all.
To WHICH pavilion you open the door first, is your Freedom Of Choice.
とアルバムのテーマが記載されています。

こちらのアルバムも『We Love The Earth 』『Love Train』両A面の先行シングルを含むアルバムとなっています。

当時、画期的な曲だと思ったのが、Crazy For You。

この曲には、伊集院光さんの笑い声がサンプリングして使われています。

また、ストーリー仕立てのセリフが展開される楽曲となっており、若かりし自分はドキドキしたもんです。

月の河/I Hate Folkも2つの楽曲が混ざりあった構成になっており、最初は?なんだこれと思ったものですが、何度も聴くうちにアリだなって思うようになりました。

EXPOはアルバム『CAROL』に比べると、バラけた楽曲が詰まっている感じですが、一つのアルバムとしては、まとまっている不思議なアルバムだなという感想です。

『EXPO』
1. EXPO
2. We Love The Earth (Ooh, Ah, Ah, Mix)
3. Love Train
4. Just Like Paradise
5. Jean Was Lonely
6. Crazy For You
7. 月の河 / I Hate Folk
8. あの夏を忘れない
9. 大地の物語
10. 月はピアノに誘われて
11. Tomorrow Made New
12. Think Of Earth

どちらのアルバムも、アルバムとして聴くことで、それぞれのシングル曲が深みをもつアルバムだと思います。

小室哲哉の作品というと『globe』や『安室奈美恵』、『華原朋美』、『TRF』などのイメージが強いと思いますが、彼の原点であり、ずっと活動を続けている『TM NETWORK』サウンドは、今でも全然色褪せない音楽だと思います。

AmazonのPrime会員なら、初期の頃のアルバムは無料で聴き放題なので、是非体験して欲しいです。