スポンサーリンク

兵庫淡路島:海のホテル 島花 2016

2019-05-25

海のホテル 島花 外観
海のホテル 島花 外観

コストパフォマンス抜群の淡路島にあるホテル『島花』さんは、我が家の淡路島観光に欠かせないホテルです。
2010年に開業されたこのホテルは、ホテルニューアワジグループの一つです。
私が、島花のここがイイ!!と思う点は、

  • ニューアワジ本館にある温泉も利用できる!
  • サイクリング用駐車施設があり、淡路島サイクリングにも最適
  • キッズルームや添い寝プランもあり、小さな子ども連れの親子でも快適に過ごせる!
  • ペットも一緒に泊まれる部屋があり、ドッグランも併設している
  • ホテルの部屋がスタンダードでもゆったりしている点が超お勧め!
  • 夕食を街中で食べてからホテルに戻るのに最適なB&Bプランやビジネスプランなども用意

リーズナブルな値段で、いろんな人が満足行くプランが用意されており、施設も綺麗で充実している点です。

吹き抜けから1階を撮影
吹き抜けから1階を撮影
プール リゾート風の休憩スペースから
プール リゾート風の休憩スペースから
マリーナの眺めはリゾート感があります
マリーナの眺めはリゾート感があります
ナチュラルカフェ 南風花
ナチュラルカフェ 南風花

ホテル内にはカフェが併設されており、我が家ではウェルカムドリンク付きのプランで利用することが多く、毎回利用しています。

温泉に行く前のカフェタイムでホッコリします。

店内は、それほど混雑するイメージはなくゆっくりできます。

カフェ 南風花店内
カフェ 南風花店内
カフェ 南風花 店内
カフェ 南風花 店内
コーヒーとケーキ
コーヒーとケーキ

温泉に行く場合、シャトルバスで移動もできるのですが、天気が良ければ船での移動が気持ち良いです。

島花とホテルニューアワジをつなぐ船
島花とホテルニューアワジをつなぐ船

私の湯めぐりの楽しみ方は、夕方に入る場合は、展望自慢の大浴湯『湯賓閣 天宮の雫』に入り、朝は、島花の『展望浴室 霑(てん)』、朝食後に『スパテラス水月』で温泉を堪能するという1回の宿泊で3つのお風呂を楽しみます。

バイキング 洋食メニューの一部
バイキング 洋食メニューの一部

ホテルの朝食は、時期にもよるのかもしれませんが、夏休み期間等はバイキング形式で用意されています。和食、洋食ともに充実しているので、いつもどちらを食べるか悩みます。

バイキング 和食メニューの一部
バイキング 和食メニューの一部
バイキング 朝食デザート
バイキング 朝食デザート

なんと、ミシュランガイド兵庫2016特別版にて“3レッドパビリオン”を獲得された島花。

リーズナブルなのに快適に過ごせるホテルなので納得です。

海のホテル島花:客室紹介篇

海のホテル島花:施設紹介篇

海のホテル島花:朝食篇

淡路島:海のホテル 島花 夏休みはブッフェにナイトプール・本館で温泉満喫!

住所兵庫県洲本市小路谷1277番5
電話0799-22-2521(グループ電話予約センター)
WEB SITE公式サイト
駐車場
Wifi
Credit card