スポンサーリンク

大阪・北摂地域 池田市 呉服神社の十日えびす

2019-06-16

関西で十日戎(えびす)というと、西宮神社や今宮戎神社が有名ですが、北摂地域の中で有名なのは池田市にある呉服(くれは)神社の十日戎です。

1月9日〜11日の間、お祭りは行われます。

9日が宵えびす、10日本えびす、11日残えびすとなっています。

本日、祝日で休みだったので、午前中に参って来たのですがなかなかの混雑ぶりでした。

既に神社内は人数制限がされており、入口前の道は参拝されるお客さんで行列が出来ております。

10分ほど並ぶと境内入口にたどり着きました。

境内に入ると、まずは呉服神社の本殿への参拝に並びます。

本殿参拝後、巫女さんがお茶を無料でふるまわれていたのでいただきました。

呉服神社内には、本殿以外にもいくつか神社があります。

菅原道真がご祭神として祀られている天満宮、稲荷神社などほかにもまだ祀られています。

そして、今回のメインである恵比寿社があります。

恵比寿社周辺には巫女さんが福笹を売ったり、祈祷をされたりと大賑わいです。

今回、私はお参りだけして帰ってきましたが、色んな種類の福笹が売ってましたよ。

ちなみに、お祭りの出店を楽しみたい場合は、お昼以降のほうが良いかもしれません。

午前中は、まだまだ設営されているお店が多かったので、出店を楽しむ場合は、ゆっくり訪問したほうが良いかもしれません。ただ、帰る頃には、参拝に向けての行列がさらに長くなっていたので、なかなか悩ましいかもしれません。

 

呉服神社:池田市観光協会より

日本書紀にある「呉服・穴織伝承」を今に受け継ぐ神社です。応神天皇の時代、呉服(クレハトリ)・穴織(アヤハトリ)という姉妹がこの地に住みつき、機織・栽縫の技術を伝えたとされています。絹布類を指す「呉服(ごふく)」はここから。現在も服飾関係者の信仰を集めています。毎年1月の十日戒には多くの人が訪れ、賑わいを見せます。

住所大阪府池田市室町7−4
電話072-753-2243
WEB SITE公式サイト
駐車場