スポンサーリンク

『きのこの山抹茶あずき』 vs. 『たけのこの里あずきミルク』

『きのこの山抹茶あずき』 vs. 『たけのこの里あずきミルク』 『きのこの山』と『たけのこの里』に新商品が出ていますね。

和風味がプラスされた今回のシリーズ。

定番の抹茶とあずきを使っているだけにハズレはないと思います。

まず、それぞれの商品についてですが、公式サイトによると

『きのこの山抹茶あずき』


抹茶にあっさりとしたあずきの風味が合わさり、ほっとできる味わいです。夏場に楽しめる、和風スイーツをイメージ

『たけのこの里あずきミルク』


ミルクにあっさりとしたあずきの風味が合わさり、ほっとできる味わいです。夏場に楽しめる、和風スイーツをイメージ

となっています。

きのこ派とたけのこ派にわかれるほど、愛されているこのシリーズ。

参考:明治アドギャラリー
http://www.meiji.co.jp/sweets/chocolate/kinotake/ad-gallery/

スタンダードな『きのこの山』と『たけのこの里』の場合は、私は断然『たけのこの里』派です。

たけのこの底のクッキーの食感が好きです。

さて、新しいこの和風スイースシリーズをそれぞれ食べてみた感想です。

まずは、『たけのこの里あずきミルク』を食べてみました。

『たけのこの里あずきミルク』パッケージを空けたところ
『たけのこの里あずきミルク』パッケージを空けたところ

 

『たけのこの里あずきミルク』開封したところ
『たけのこの里あずきミルク』開封したところ

ミルク味のホワイトチョコレートがベースにあり、あずきの味もしっかりします。

うん、あずきバーに似た感じがします。

しっかりとあずき味が味わえます。

たしかにあずきミルクの味が再現されてると思えます。

こちらも底のクッキーはサクサクですね。

個人的には、この底のクッキーの部分がもうちょっとビターな味わいのほうがよいかなと思います。

次は『きのこの山抹茶あずき』です。

『きのこの山抹茶あずき』パッケージを空けたところ
『きのこの山抹茶あずき』パッケージを空けたところ
『きのこの山抹茶あずき』開封したところ
『きのこの山抹茶あずき』開封したところ

こちらは、開けた瞬間に抹茶の香りが広がります。あずきの香りより、抹茶の香りが勝っている印象ですね。

お味のほうは、抹茶とあずきが良いバランスの味わいになったチョコですね。

さらに、クラッカーが丁度よいアクセントになっていると思えます。


うーん、抹茶好きという私の個人的な意見も入ってしまいますが、
今回の新商品対決ですが、個人的には『きのこの山』の圧勝です。

両者とも和風スイーツ味が強い為、チョコだけで食べるとちょっと重い感じです。

ただ、珈琲やお茶と合わせると両者ともいい感じではあります。

個人的には、ほうじ茶があってますね。

珈琲で飲む場合は、牛乳を入れてオレにしたほうが良い感じでした。

たけのこ派の私ですが、今回の完成度としてはきのこやるな!って感じです。


夏場に子どもから大人まで楽しめる和風スイーツをイメージして作られた明治の今回の商品。

これから、夏にかけて食べる場合は、冷蔵庫でキンキンに冷やして食べると美味しいですね。

ちなみに、ブルボンの『きこりの切株』も侮れないので、こちらも興味のある方はチェックしてみて下さいね!

あなたはたけのこ派?きのこ派? いいえ、第三勢力!ブルボン きこりの切り株です