スポンサーリンク

これが現代の『まんぷくラーメン』だ!『セブンプレミアム 一風堂 幻の名店 麺翁百福亭』

一風堂 幻の名店麺翁百福亭とカップヌードル

2019年3月現在、ラストスパートのNHKの朝ドラ『まんぷく』

いよいよカップヌードルの完成か!?という盛り上がりを見ていると、カップヌードルが食べたくなるのは私だけでしょうか?

カップヌードルが食べたいなーと思い、ネットニュースを見ていると、

セブンイレブンで『セブンプレミアム 一風堂 幻の名店 麺翁百福亭』が発売中というニュースを発見!

これは買わなければ!ということで購入してきました!

一風堂 幻の名店麺翁百福亭

で、こちらの商品がどんなかというと。

チキンラーメン、カップヌードルを手がけた、安藤百福がもしもラーメン店を開いていたら?

というコンセプトで、インスタントラーメン発祥の地といわれる大阪府池田市に、

博多一風堂の創業者である河原成美氏がプロデュースしたお店「麺翁 百福亭」で提供されていた幻のメニューを再現したものです。

こちらは、現在も池田市にある博多一風堂の店舗で食べることが出来ます。

詳しくは、過去記事のこちらをどうぞ!

博多 一風堂 池田店

果たして、どれくらい再現されているのだろうか?

一風堂 幻の名店麺翁百福亭

蓋を開けて具材をみると、ちょっと高級そうな具材です。

一風堂 幻の名店麺翁百福亭 具材

お湯を注いで、ワクワクしながら待つこと5分。。

出来ました!

一風堂 幻の名店麺翁百福亭 お湯を注いだ状態

むー、正直、色味はカップヌードルのほうが美味しそうですね。

具材は、ふわふわ食感が特長の鶏団子に、ローストごぼう、揚げ玉ねぎ、ねぎが入っています。

美味しそうな具材でありますが、見た目に派手さはありませんね。

そう考えると、カップヌードルの具材は色味がよく考えられててるなーって思いました。

一風堂 幻の名店麺翁百福亭 麺とスープ

麺は、中細縮れノンフライ麺です。

ちょっと柔らかめの麺ですね。個人的には、麺カタが好きなので、もう少し早めに開けたらよかったかもと思いました。

一風堂 幻の名店麺翁百福亭 麺アップ

味の再現性は、かなり高いかなーって思いました。

鶏出汁に焦がし醤油スープで、あっさりめの味わいです。

お店で食べたラーメンはチキンラーメンっぽさを感じたのですが、こちらは、お店で出してた『百福元味』の味わいだって感じで、チキンラーメン感はなかったです。

食べ終わった感想としては、通常のカップヌードルのほうが自分は好きだなーってのが感想です。

ただ、コンセプト商品として、一度は食べてみても良いって思える商品だと思います。

カップヌードルとして食べちゃうと、ちょっと求めてた感じと違うかな?って感じがするので。

ちなみ、セブンイレブンでは、日清まんぷくフェアとうことで、

対象のカップヌードルを一度に2個(組み合わせ自由)買うと、 好きな『ひよこちゃんお箸』を1膳プレゼントされます。

まんぷくフェア 景品ひよこちゃんお箸

まんぷくフェア 景品ひよこちゃんお箸 ケースオープン

自分が買った時は、あと少しだったので、欲しい方は急がれたほうがよいと思います。

対象商品は下記でした。

・セブンプレミアム 一風堂 幻の名店麺翁百福亭 198円(税込213円)
・カップヌードル 171円(税込184円)
・カップヌードルカレー 171円(税込184円)
・シーフードヌードル 171円(税込184円)
・チキンラーメン 97円(税込104円)
・チキンラーメンどんぶり 171円(税込184円)

一風堂 幻の名店麺翁百福亭は、下記店舗で発売中です。

セブン‐イレブン、イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート等

こちらも数量限定なので、欲しい方は急がれるのが良いと思います。

ちなみに一風堂 池田店では、2019年3月26日から、醤油ラーメン『百福元味(ももふくもとあじ)』の進化版が食べれるようになります!

麺、スープ、トッピングを見直し、よりチキンラーメンを感じられる商品になるそうです。

むー、これもまた食べに行きたくなりますねー。

カップヌードルミュージアムへの訪問と一緒に『百福元味』を食べるプランも楽しいと思います!

百福元味を食べた後に、カップラーメン『一風堂 幻の名店麺翁百福亭』と比較してみると再現性に驚くと思いますよ!