スポンサーリンク

丹波篠山 monoile cafe(モノイレカフェ)は親子で楽しめる木製品の宝庫。その2:ギャラリー篇

2019-06-20

前回に続いて、モノイレカフェ訪問記を書いていきたいと思います。

今回は、モノイレカフェならでは、ギャラリーや廊下に用意されている木細工について書きたいと思います。

入口からも既に見えていますが、子供だけでなく、大人もワクワクするいろいろな木細工が並べられています。

案内看板を超えて、ギャラリー側に進むと・・・

パチンコ台やピタゴラスイッチ的なビー玉を使って遊べる木工細工が沢山あります。

どうでしょう?

見ているだけでワクワクしませんか。

実際、子供たちは喜んで遊んでました。

特に男の子は、ほんとに楽しそうに遊んでいますね。

ビー玉を上から落として動きを見るものもあれば、実際にパチンコのように自分で操作するもの、ギヤをぐるぐるまわして、ビー玉を移動させるものなど、様々なものが用意されています。

ピタゴラスイッチ好きなお父さん必見ですよー。

1歳くらいの赤ちゃんから3歳くらいの子どもが喜びそうな木の玩具も陳列されています。

車や、電車、バスを模した木工細工達。

こちらもかわいらしくて欲しくなりますね。

 

続いてギャラリーの部屋を覗いてみました。

部屋の中には、ゆったり座れる椅子。野球盤やボーリング、ビー玉運びなど様々な玩具があります。

特に自分と子供たちが気に入ったのがこちら!

野球盤です。

見て下さい。

この精巧な野球盤。バッターボックスは左右用意されており、バットも5種類用意されています。

子供たちは、勝負してましたが、野球のルールを把握していないので、よくわからない遊びになっていました。

これは、大人も本気で遊べちゃいますね。

次に対戦して楽しかったのが、こちら。

陣取り合戦のゲームでしょうか。

妻と対戦して遊んだのですが、なかなかおもしろかったです。

ただ、遊び方が正しかったのかは不明ですが・・・

他にも、二人で協力しながら遊ぶビー玉運び。

正直凄く難しかったです。

なかなか最後まで運ぶことはできないです。

じっくり遊べば、ゴールまで辿りつけたかもしれませんが、短時間では無理でした。

後は、ボーリングやどんなルールで遊ぶのかわからないのですが、対戦できるゲームなどが置いてありました。

あと、ゲームではありませんが、見ていて楽しかったのが下の写真の装置。

レバーを動かして、ビー玉を上にスライドさせて、左右の道に転がすおもちゃ。

いろいろな玩具があり、時間はあっという間に経ちます。

単体での写真を取り逃したのでアップはしないのですが、ギャラリー入口脇にあるピタゴラ装置を作成する木工細工を子供たちは一番遊んでました。

子ども二人で、相談しながら大小様々なレールを使ってゴールを目指す装置を作ってました。
家でも同じような商品が欲しいなーって思って調べてみると、「cuboro/クボロ(キュボロ)」という知育玩具が有名ですね。

これは、今、破竹の勢いで連勝している将棋の藤井聡太四段が子どもの頃によく遊んでいた知育玩具として注目されていますね。

一部の店舗では、おじいちゃん、おばあちゃんがお孫さんに買いに殺到して売切れているというニュースもやっていましたね。

モノイレカフェにある野球盤やピタゴラ装置を子どもが気に入ったら検討してみてもいいかもしれませんね!

モノイレカフェの施設情報は前の記事に書いています。

その他、篠山に関する情報は、タグでもまとめてますので、篠山観光の参考に見て下さいね。

篠山情報のタグはこちら

モノイレカフェ その1施設篇

モノイレカフェ その3カフェ篇

住所兵庫県篠山市大山新100 旧保育園舎
電話079-506-2418
営業時間11:00~16:30(L.O.)
※営業日はSNSにて告知
定休日:不定休
WEB SITE公式サイト
駐車場
禁煙・喫煙禁煙
Credit card不可