スポンサーリンク

ボールペーンにもこだわりを三菱鉛筆『PURE MALT』

2019-06-15

まもなく、2017年。新しい年に向けて、手帳やノートを新しくされる方が多いと思いますが、

みなさん書く道具のバージョンアップはされていますか?

今回、私は気持ち新たにボールペーンを新調しました!

えっ?ボールペンって思われるかもしれませんが、ビジネスマンにとってノートとボールペンは、まだまだ必須アイテムです。

だからこそ、こだわって使える道具を持ちたいなと思います。

本当は、こだわりの万年筆の一つでも持っているのが大人の嗜みかもしれませんが、どうも慣れないんですよね。

で、ここ数年のお気に入りが三菱鉛筆が販売しているボールペン『JET STREAM』シリーズを愛用しています。

どれくらい愛用しているかというと、職場に替え芯を常時ストックするほど愛用しております。

現在愛用中のボールペンがこちら。

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 4&1 0.7

ジェットストリームの特徴は下記になります。(公式サイトより)

「クセになる、なめらかな書き味。」を実現した、世界初の画期的な新開発インクを搭載し、既存の油性ボールペンと比較して、『JETSTREAM』は筆記速度に関わらず、低い筆記抵抗でなめらかな書き味を実現しました。

公式に記載されているように、ひっかかりがなく滑らかにスラスラ書けるので、こちらのボールペンとの出会いは衝撃でした。

ボールペンの太さは0.5mm、0.7mm、1.0mmと3種類用意されていますが、個人的に一番書きやすく、見やすいのが0.7mmだと思っています。

で、これもこだわりなのですが、ボールペンにある程度重さがあったほうが持った時しっくりときて書きやすいと思っています。

だから、ジェットストリーム・スタンダードではなくジェットストリームラバーボディのほうが持ちやすく書きやすいと思います。

でも、手帳と一緒に常時持ち歩くのは多機能ペン ジェットストリーム 4&1 なんですね。

こちら、黒・赤・青・緑・シャープペンと4色+シャープペンの為使い勝手が非常によいのです。

今回購入したのがこのジェットストリームの『ピュアモルト 4&1 5機能ペン』。

持ち手の部分にウィスキーの樽材として使われたオーク材。そちらを丁寧に削りだしナチュラルな1本の軸に仕上げられたPURE MALT。

こちら、重さも適度で握りも手になじみ、凄く書きやすいです。

シャープペンが付いているので、消しゴムも準備されています。

定価は2,000円(税抜)とちょっとしますが、ずっと使い続けることを思えば安いかなと。

それにAmazonで結構お得に買うことができたので、満足しています。

来年はこちらのボールペンとモレスキンのノートで仕事を気持ちよく行う予定です!

あと、こちらはジェットストリームシリーズではないのですが、カッコイイので欲しいなーと思っています。

名入れも出来たりするので、ずっと使い続けるならこちらもいいかなーと思っています。

春先の入学祝いや就職祝いのプレゼントにもいいんじゃないでしょうか。

新しい年に新しい気持ちで道具を使って行きたいと思います。

余談ですが、販売してる三菱鉛筆は三菱グループとは全く関係ないんですね。

同じスリーダイヤだから三菱グループの一つかと思っていました。