スポンサーリンク

アップルパイ専門店『RINGO』大阪梅田、東京池袋で行列必至の極上アップルパイ

『RINGO』焼きたてカスタードアップルパイ

先日、2017年8月30日に大阪に初上陸したばかりの『RINGO』で焼きたてカスタードアップルパイを購入してきました。

大阪店は、JR大阪駅すぐのルクア大阪の地下1階にあります。

東京・神奈川・福岡では、既に大行列の『RINGO』ですが、大阪も同じく行列が続いてます。

オープンして、1ヶ月ほど経ってから寄ったので、空いているかなと思ったのですが、なかなかの行列でした。

扱う商品は1商品のみなので、わりとスムーズに進みます。

行列にもよりますが、多いと思っても15分〜30分以内には購入できるのでは無いでしょうか?

私は20分程度で購入できました。

お店は、ガラス張りになっており、カスタードアップルパイを作っているところがよく見えます。

『RINGO』工房 オーブン前のアップルパイ

店員さんが手際よく作成しており、どんどん作られております。

『RINGO』オーブンから出てきたアップルパイ

大型オーブンから出てきた出来たのアップルパイは、本当に美味しそうでした。

『RINGO』出来立てのアップルパイ

ちなみに購入には、制限があり、お一人様最大4個までとなっております。(2017年10月購入時時点)

『RINGO』陳列されたアップルパイ

カスタードアップルパイは、冷蔵保存すれば翌日まで美味しくいただけます。

ショップでは、冷蔵したアップルパイを、美味しく温めて食べるためのカードをつけてくれます。

『RINGO』箱と食べ方のカード

わたしは、持ち帰ってすぐに食べたのですが、まだ温かくて美味しくいただけました。

購入して1時間程度経っていましたが、出来立てだったのか十分温かい状態でした。

さて、食べた感想ですが・・・

まず、パイの皮ですが、薄皮が何重にも折り重なり、それがパリパリでフワッとやわらかくサクサクした食感となっています。

少し調べたところ、なんとパイ生地は144層にも折り重なっているそうです。

美味しいパイの秘密は、生地がサクサクになるように調整したオリジナルブレンドの小麦と、北海道産フレッシュバターが生地にたっぷり練り込まれているからだそうです。

さらに、カスタードクリームの甘さとほんのり酸味があるりんごが、パイのサクサクと絡み合い、口の中に美味しさを広げます!!

りんごにもこだわれており、青森県産の「葉とらずリンゴ」というのが材料として使われています。りんごは小さめにカットされてクリームの中にゴロゴロと入っています。

そして、工房と店舗が一体となっている為に出来立てをすぐに販売できる。

これがさらに美味しさを増しているのだと思います。

行列が出来るはずです。

この美味しさなら並んでも買って帰る価値はあると思いますよ!

ツイッターやInstagramも公式展開されており、さらに美味しく食べる方法がSNSに投稿されていますよ!

アップルパイのアイスクリーム添えは、私も今度試したくなりました!

焼きたてカスタードアップルパイ

1個 370 円(税別)、4個 1400 円(税別)(一人 4 個まで)