スポンサーリンク

まるでヨーロッパの田舎風景!?六甲ガーデンテラスはカップルでもファミリーでも楽しい!

六甲ガーデンテラス

GWの前半戦に、一泊二日で六甲・有馬温泉旅行に行ってきました。

当初の予定では、六甲山フィールドアスレチックで遊ぶ予定でした。

GW期間中アスレチック施設は、あさ9時からオープンし、しかも車で行った場合、駐車場が大変混雑するとのことなので朝イチで到着するようにしました。

遊びに行った日は晴れてはいたものの、寒気が戻ってきた日でした。

六甲カンツリーハウス

六甲山カンツリーハウスに9時に到着したのですが、かなりガラガラでした。

六甲山の気温は、大阪市内の温度と比べると7、8度は低いと思います。

その日のあさ9時の気温は3度でした。。。

寒いのを見越して、山遊びを避けた人が多かったのかもしれませんね。

遊びに来ていた人達は、山で遊ぶことを考慮してウィンドブレーカーなどは持ってきてますが、そのレベルでは寒すぎ状態でした。

我が家は、妻が長野では雪が降る情報を前日に天気予報で見ていたので、念の為ダウンジャケットを持ってきて助かりました!

六甲カンツリーハウス 池

フィールドアスレチックは前日が雨の影響で施設の運営判断が10時以降になるということで、六甲山カンツリーハウスで遊んでいたのですが、寒すぎで結局アスレチックの判断も午後になるということで、少し早いですがランチを食べに六甲ガーデンテラスに移動することに。

ちなみに駐車料金は、通常500円ですが、 GW期間の普通車は1,000円になっています。

ガーデンテラス、六甲オルゴールミュージアムの駐車場は1日券で移動しても使えるのが便利でした。

なお、山上道路渋滞時は、神戸・三宮方面からの右折入庫禁止となっているので、週末や祝日に遊びに行くときは、やはり早めに遊びに行くことをオススメします。

車は混雑するので、施設側も公共の交通期間の利用を推奨しています。

そのため、お得な乗車券が色々と発売されているので、公式サイトで是非チェックしてみてください。

ガーデンテラスでは、2019年6月2日まで『六甲山スイスフェア アルプスの少女ハイジに囲まれて』イベントをやっています。

アルプスの少女ハイジ スタンプラリーやフェアにちなんだ料理が各施設で行われています。

スタンプラリーは、施設巡りを兼ねて一緒に行ったのですが、子供にとっては楽しかったようです。

お昼は子供向けの料理もあるので、六甲ビューパレスでいただくことにしました。

六甲ビューパレス 外観

六甲ビューパレスは、名前の通り羨望がとても良かったです。

六甲ビューパレス

席も窓際から埋まっていきますね。

さて、料理ですが、せっかくのスイスフェアということで『コルドンブルー(スイス産ラクレットチーズと生ハムの淡路鶏包み揚げ)』を頼みました。

六甲ビューパレス スイスフェア コルドンブルー

これは、スイスの郷土料理で、ハイジの白パンやスープ、サラダ付きとなっています。

お味のほうは、個人的にはもう一息って感じでした。

六甲ビューパレス スイスフェア コルドンブルー

六甲ビューパレス スイスフェア 白パン

六甲ビューパレス スイスフェア コルドンブルー スープ

六甲ビューパレス スイスフェア コルドンブルー ヨーグルト

でも、普段は食べない変わり種を食べれたので満足でした。

去年もハイジフェアをやっていたので、定期的にやっているようですね。

ランチのあとは、展望台からの眺めを楽しみました。

展望テラス

すこし天気も良くなってきたので、なかなかの眺めでしたよ。

六甲山 テラスからの羨望

その後は、スタンプラリーをかねてガーデンテラス内を散策。

六甲ガーデンテラス

六甲ガーデンテラス

見晴らしの塔を登って、上からの眺めを楽しんだり。

六甲ガーデンテラス 見晴らしの塔

リトルホルティでハイジのブランコに乗って記念撮影をしたりしました。

ガーデンテラスは、本当にヨーロッパの田舎町のような佇まいがキレイでよかったです。

寒くなければ、もっと外を散策したのですが、寒かったので、すぐに建物の中に入ってしまいました。

昼もキレイですが、夜はライトアップもされるそうなので、夜景を楽しんだり、自然体感展望台 六甲枝垂れのライトアップと夜も見どころが多そうです。

自然体感展望台 六甲枝垂れ
自然体感展望台 六甲枝垂れ

次回は、夜景を楽しみに来たいと思います。