スポンサーリンク

北摂:豊中服部天神 パンダ食堂 晴山閣 名物のニラそばと餃子は絶対食べたい!

パンダ食堂 晴山閣 外観

阪急宝塚線の服部天神駅から徒歩5分程度の服部阪急商店街内にある『パンダ食堂 晴山閣』。

こちらは昔、阪急宝塚線の豊中駅の近く(豊中本町)にあり、その時よく食べに行っていたお店でした。

しかし、2015年にお店がなくなり、好きなお店の一つだったので、残念に思ってました。

最近、関西ウォーカーの地元民が通う愛され中華の名店!という特集で晴山閣が掲載されているのを発見しました。

豊中本町から服部天神に移転されていたんですね!

ということで、久々に名物のニラそばが食べたくなったので、行ってきました。

晴山閣からパンダ食堂 晴山閣へ。看板にもしっかりパンダが!

パンダ食堂 晴山閣 看板

扱っているメニューは、少し変わっている印象でしたが、名物のニラそばや餃子は変わらずありました。

店内は、カウンター席とテーブル席の4人掛けが3つです。

パンダ食堂 晴山閣 店内

夜は、お酒の種類がわりと豊富なので、飲みながら食べられるお客さんが多そうです。

パンダ食堂 晴山閣 焼酎類が豊富

自分以外は、お酒を飲みながら食べてるお客さんでしたね。

唐揚げや春巻きなど、他にも食べてみたいメニューがいろいろありましたが、ニラそばが目的だったので、そこはブレずにニラそばを頼もうと!

で、もう一つ外せないのが、晴山閣の餃子。タレは2種類あるのですが、ニラそばにも使われている特製の辛味ダレ。

パンダ食堂 晴山閣 餃子 辛味ダレ

香辛料を12種類ブレンドした特別なタレだそうです!これが美味しいんですよね!

辛いけど、特別辛いわけでもなく、クセになる辛さというんでしょうか?

なんとも引きのある味なんですよねー。

さて、肝心のニラそばですが、こちら少々出てくるまで時間がかかります。

白菜とニラをはじめタップリの野菜が使われているこちらのメニューは、野菜は事前に切って準備していると鮮度が落ち、美味しくなくなるとの理由から作り置きされないそうです。

そのため、オーダーが入ってから作られるので時間がかかります。

でも、楽しみに待つだけの価値がある逸品ですよ!

そして待望のニラそば!写真で伝わるでしょうか。このボリューム感。

パンダ食堂 晴山閣 ニラそば

最初の麺に出会うには、野菜を掘るといった感じがします。

そして、一口食べると、そうそう、この味!

パンダ食堂 晴山閣 ニラそば

このピリ辛で濃厚な味わい!

たっぷりの野菜から出る野菜の旨味が、奥深い味わいを与えてるんでしょうかねー。

パンダ食堂 晴山閣 ニラそば

スープは辛いのですが、ピリ辛レベルなので、辛いものが大丈夫な人は美味しく食べれると思います。

ちょっとくらい苦手な人でも大丈夫じゃないでしょうか。

ただ、辛いのと温かいので、けっこう汗かいて食べる感じです。

まー、ゆっくり食べる方なら全然問題ないと思いますが、一心不乱に食べたら、汗がガンガンでてきました。。

一杯食べるとボリューム満点なので、お腹一杯になります。

常連客の半分が頼むという、地元民にもしっかり愛された『パンダ食堂 晴山閣』のニラそば!

辛うまの名物中華そばが気になる方は是非!

ニラそばの価格は、980円!

中華そばと考えると少し高いと思うかもしれませんが、これだけ野菜がタップリ入っていたら納得の価格ですよ!