スポンサーリンク

京都餃子の新定番!? 四条高辻 和餃子の『亮昌(すけまさ)』をランチでガッツリ!

餃子の町というと、栃木県の宇都宮市、静岡県の浜松市が2強と言われていますが、

実はそれに次ぐ、もしくは超える存在というのが、京都市なんですね!

確かに『餃子の王将』の発祥は京都ですし、祇園の『泉門天』など全国でもメジャーなお店が京都にはあります。

そして近年、京都餃子なるジャンルができるほど、京都には餃子のお店が増えています。

そんななか、和餃子で人気のお店なのが『亮昌』です。

四条烏丸駅から徒歩7分程度の場所にあります。

餃子処 亮昌 外観

以前に紹介した、パティスリーSのご近所です。

亮昌の餃子の特徴は、公式サイトやリーフレットによると、

地産地消の餃子餡が特徴です。

伏見にある中嶋農園のキャベツに、京野菜の九条ねぎ、霜降り豚の「京の都 もち豚」と京都の素材で餡がつくられています。

そして、亮昌の最大の特徴は、かつおだしをベースに、京の料亭御用達「山利」の味噌で京風の味付けにしている事です。

素材の味わいが際立つように作られた餃子は、ニンニクの風味が気にならない和餃子に仕上がっています。

お店がちょうどオープンする頃に店に到着したのですが、すでに行列が出来てました。

幸い、お店に入ることは出来ました。

亮昌 内観 入口側

お昼だったこともあり、ランチのぎょうざ定食を頼みました。

ぎょうざ定食についてくる味噌汁は、プラス100円で豚なんこつスープに変更できます。

亮昌 ぎょうざ定食

食べログをみると、お味噌汁も絶賛されていますが、ガッツリ食べたい派は豚なんこつスープをおすすめします。

ランチ定食の餃子は、ちょうど良い感じに焼き上がっています。

亮昌 餃子

カウンターに座ったので、焼いている様子がよく見えたのですが、餃子の仕上がりは、全て均一でキレイに焼き上がっています。

ほかのお店だと、餃子の焼き具合が焼く回によってちょっと焦げてたり、薄かったりの印象があるのですが、

亮昌は、羽つきでキレイに同じように毎回焼き上がっていました。

餃子のタレは、醤油ダレと昆布入り辣油 をまぜ、黒煎り七味をちょっと混ぜていただきました。

亮昌 餃子のタレ類

お酢が欲しい場合は、お店のスタッフにお願いすると出してくれます。

食べ方の案内時に説明されるので、そのときに頼むとよいと思います。

さて、肝心の餃子の味ですが、和餃子だけあって、比較的あっさりしています。

餃子餡の野菜と肉のあじわいがしっかりと感じられます。

女子ウケするのも納得です。

そのため、男性的にはちょっとパンチが足りないかなと最初は思いました。

しかし、食べ終わるころには、ちょうどこの味わいが全体のバランスとして良いんだ!って思いました。

一つでは物足りない味の濃さですが、餃子2人前を食べ終わるころには、ベストな味わいに感じられました。

これは人気なわけだと納得です。

まぢ、美味しかったです。

そして、プラス100円して変更した「豚なんこつスープ」は、餃子と異なりパンチのある味わいです。

亮昌 豚なんこつスープ

これは、ご飯が進みます。

ご飯に添えられているお漬物もあっさりで美味しくいただけます。

ペロリと完食しちゃいますね。

ボリューム的にも満足でちょうど良かったです。

もう1枚餃子を食べたい気にもなりましたが、腹八分目がベストでしょう!

ちなみに、亮昌の餃子はオンラインで販売しているおで、京都に行かなくても食べることが出来ます!

和餃子が気になる方は、公式サイトから是非!

住所京都府京都市下京区堀之内町263 1F
電話京都府京都市下京区堀之内町263 1F
営業時間11:30~14:00(L.O)
17:00~22:00(L.O)
WEB SITE公式サイト
駐車場
禁煙・喫煙分煙
Credit card