スポンサーリンク

ウルフルズの元気が出る曲って『ガッツだぜ!』だけと思ってない?『笑えれば』も名曲ですよ!

2019-07-07

最近、某テレビ番組でウルフルズの名曲『笑えれば』がバックミュージックとして使われており、あー、やっぱりこの曲は勇気をくれる曲だなーって思ったのでご紹介です。

まずは、語るより聴いてもらうほうが早いですよね。

いかがでしたでしょうか?

こちらの曲は、一時期、ウルフルズを脱退していたベースのジョン・B・チョッパーがウルフルズに復帰するシングルの第一作として、2003年にリリースされました。

また、この楽曲は、よみうりテレビ系ドラマ『ギンザの恋』エンディング曲。

こちらのドラマには、トータス松本さんも出演していました。

個人的には、このドラマ大好きだったのですが、あえなく打ち切りに・・・

2007年には武田薬品工業のアリナミンシリーズのCMにも使われています。

楽曲自体は、14年前の楽曲ですが、今聴いても、全然色あせておらず、

むしろ、今の時代にこそ、こういう楽曲がもとめられているんじゃないかなーって思ったりします。

トータス松本さんのパワフルな歌声は、どんな楽曲でも明るい力をわけてもらえる気がします。

2017年でウルフルズ25周年。

国民的人気の息の長いバンドとなっています。

ウルフルズっていうと『ガッツだぜ!!』や『バンザイ~好きでよかった〜』のインパクトが強いので、

それ以外の曲を知らないって方もいるかと思いますが、

そこは25年もやっているバンドです。

バラード含め名曲揃いです。

個人的には、ウルフルズも好きなのですが、トータス松本さんのソロプロジェクトも凄く好きです。

カバー曲集の『TRAVELLER』は名盤だと思います。

こちらも是非聴いてもらいたいですね。

『TRAVELLER』
1. ホーム・イン・ユア・ハート
2. スタボーン・カインド・オブ・フェロー
3. ルッキング・フォー・ア・ラブ
4. アイム・ユア・フーチー・クーチー・マン
5. ギブ・ミー・バック・マイ・ウィグ
6. ローディ・ミス・クローディ
7. シュガー・ダンプリング
8. ハード・トゥ・ハンドル
9. ジョニー・カム・ホーム
10. トーク・トゥ・ミー・ベイビー
11. ワン・ウェイ・アウト
12. ルシール
13. タイアード・オブ・ビーイング・アローン
14. ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー
15. アイ・ジャスト・ウォント・ア・リトル・ビット
16. プレシャス・プレシャス
17. オーヴァー・ザ・レインボー
18. ヤッホー!