スポンサーリンク

『ふわころ』『ミルク餡まん』は『萩の月』『博多通りもん』のジェネ?

セブンイレブンの『ふわころ』と『ミルク餡まん』SNSで話題になっているセブンイレブンのお菓子シリーズ。

今回は、えっこれって『萩の月』!?

ジェネリック『萩の月』とウワサのセブンイレブンの『とろけるクリームのふわころ』。

セブンイレブン『ふわころ』

そして、セブンイレブンの『ミルク餡まん』は、『博多通りもん』のジェネリックとネット上で話題になってますね。

セブンイレブン『ミルク餡まん』

気になる2商品を食べてみました。

まずは、『とろけるクリームのふわころ』。

みためは、たしかに萩の月にそっくりですね。

セブンイレブンの『ふわころ』と『ミルク餡まん』

カットした面をみてみても。。

見た目は変わらない印象です。

セブンイレブン『ふわころ』断面

食べた印象としては、

やはり本家『萩の月』と比べると、

ふわふわ感であったり、味の深みといいますか、ちょっと違うかな?

て印象でした。

とはいえ、萩の月は、ご近所で買えるものでもないので、手軽に入手できて、この美味しさならアリですね。

続いて、『ミルク餡まん』です。

こちらも見た目は、ほとんど変わらない印象です。

中の餡の印象も変わらないですね。

セブンイレブン『ミルク餡まん』断面

食べた感想は、

ちょっとミルク餡が濃い印象ですね。

うーん、残念ながら

『博多通りもん』の美味しさには、かなわないですねー。

ミルク餡まんとして食べると美味しいですけど、博多通りもんといわれると、ワタシ的には別物ですね。

ただこちらも、ご近所で買える手軽さは魅力的な商品と思いました。

それぞれ、1個から買えるお手軽さも魅力です。

お土産としてではなく、家のおやつとしては、十分満足できる商品という感想です。

本家と食べ比べてみると面白いかもしれないですね。