スポンサーリンク

ちょっとしたお土産に、ばいこう堂さんのさぬき和三盆『季節のお干菓子』

ばいこう堂 さぬき和三盆『季節のお干菓子』
ばいこう堂 さぬき和三盆『季節のお干菓子』

阪急梅田駅2階中央改札内に期間限定で

来て見て買ってうどん県」がオープンしていました。

仕事帰りに、うどん県のタイトルに惹かれて、ふらっと寄ってみました。

そこで見つけたばいこう堂の『季節のお干菓子』248円(税込)

かわいらしいこれからの季節を表した和三宝の干菓子です。

干菓子といえば、お盆のお供えなどで見たことがある伝統的なお菓子ですね。

でも、

和三宝って?

となったので調べてみました。

香川県と徳島県では、一部の地域でのみ生産されている希少な砂糖があるそうです。

この砂糖の事を、一般的には「和三盆(わさんぼん)」と呼ばれます。

ばいこう堂さんでは、この和三盆の事を『和三宝』として商標登録されています。

ちなみに、この和三盆は「竹蔗(ちくしゃ)」と呼ばれる種類の細長いサトウキビから作られれるそうです。

その為、和三盆には独特の風味があるそうです。

また、スーッととろける口溶けの良さ、淡白さなどが、他の砂糖にはない特質ということです。

カルシウム・鉄分なども含まれているようです。

この砂糖は、今も職人さん達の手作りによって作られる希少な砂糖です。

砂糖としては、最高級の砂糖だそうです。

その和三盆で作られた干菓子。

ばいこう堂 さぬき和三盆『季節のお干菓子』

みためも色鮮やかで、かわいらしいです。

確かに食べてみると、スーッと口の中で溶けていきます。

甘さも甘すぎず、上品な甘さな気がします。

甘すぎないので、美味しく2つ、3つ食べられますね。

ばいこう堂 さぬき和三盆『季節のお干菓子』

ばいこう堂さんのホームページを見てみると、様々な種類の干菓子が販売されています。

これからの季節にピッタリな『七夕 笹舟にのせて』や『夏の彩 小箱』はそれぞれ、500円代で購入できます。

また、子ども受けしそうな、昔話シリーズや、会社のお土産にもよさそうな『GOLF』、『動物』、『花』、『香川』

など様々なカタチをした干菓子があります。

干菓子のデザインも秀逸なのですが、ホームページをみているとデザインが素敵です。

Instagramにも向いてそうなパッケージデザインやお菓子は、女性受けが良さそうですね。

ちょっとしたお土産に向いていると思います。

百貨店で販売されているほか、ばいこう堂オンラインショップでも購入可能ですので、気になった方は是非ホームページを見てみて下さいね。

ちなみに、「来て見て買ってうどん県」6/23(金)~7/1(土)までの期間やっています。

大阪駅や、梅田駅を利用されている方は、こちらを覗いても面白いですよ。

うどんが主役というよりも、うどん以外もありますって感じの展開をされています。