スポンサーリンク

大阪初上陸!タピオカミルクティーの春水堂でパクチーたっぷりの担々麺!を喰らう

2019-07-20

春水堂 麻辣香菜担々麺とタピオカミルクティー  関東方面にはかなり出店している、タピオカ入りミルクティーで有名な台湾カフェの春水堂(チュンスイタン)。

関西では、西宮ガーデンズにあるのみだったのですが、遂に大阪にも2017年6月28日に出来ました。

雑誌やテレビでも取り上げられており、気になっていたのですが、出来たころは行列も凄かったようで・・・

先日、グランフロント大阪に行く用事があったので、早めのランチなら大丈夫かなと覗いてみました。

グランフロント店は、グランフロント大阪うめきた広場B1F UMEKITA CELLAR(うめきたセラー)内にあります。

UMEKITA CELLAR

春水堂 入口

11時30分で3組待ち。これくらいならすぐかなと待つこと10分で案内されました。

店内は、台湾をイメージした小物やオブジェが目立ちますが、グランフロント店内ということもあり、空間は仕切りが少なく開放感があります。

私の中では、タピオカミルクティーよりも、麺類のほうが気になっていました。

11月から発売された台湾式とんかつが丸ごとのった”パーコー麺”が非常に気になっていたのですが、

いざお店でメニューを見てみると、麻辣香菜担々麺(マーラーパクチータンタンメン)がどうしても食べたくなったので、こちらをオーダーしました。

パクチー好きとしては、気になるメニューでした。

春水堂 麻辣香菜担々麺(マーラーパクチータンタンメン)

こちらのメニューも調べたところ、2017年からの新メニューのようです。

辛さは4段階から選べます。

まだ食べたことがないので、どんな辛さかわからないので標準的な2辛でいただきました。

本場台湾式のようですが、味付けは日本人向けに少しアレンジされているようですね。

麻辣香菜担々麺(マーラーパクチータンタンメン) 平麺

麺は平麺で、具や出汁が絡みやすい麺になっています。

2辛は標準的ということですが、それほど辛いという感じではありませんでした。

辛いもの好きの私としては、3辛くらいがよかったかなと思いました。

で、パクチー入りが売りのこちらの担々麺。

確かに、箸休め的にパクチーを食べると、スッとし辛味も抑える要素もあり美味しさを引き立てます。

パクチーの香りも十分楽しめます。

そして一緒に注文した、小豆入りタピオカミルクティー(アイス)。

こちらは季節限定商品の為、セット価格よりも+100円かかりますが、頼んで正解でした!

春水堂のタピオカミルクティーは初だったのですが、

モチモチのタピオカが美味しいですね。

たっぷり入ったタピオカのモチモチ感を楽しめて、上の方はシャリシャリの氷が入っており、

小豆と混ざって、最後の方は氷あずきを頂いている感じになりました。

これなら、行列が出来るのも納得です。

ランチの値段としては、セット+100円で1,404円(税込)。

ちょっとお高めかもしれませんが、グランフロント大阪界隈ならドリンク付きなら標準的な範囲かなーと思います。

お店には、TAKE OUT(テイクアウト)コーナーもあり、そちらでもチラホラ購入されているのが見えました。

春水堂 TAKE OUTコーナー

麺のボリュームは、男性には少し少ないかなと思いましたが、圧倒的に女性客が多いので、これくらいのボリュームが丁度なのかも。。

お茶の時間に来るなら、HOTのミルクティーをいただくのが良いかなーと思いつつ、まだまだ食べたい麺類も多いので、ランチでまた来るかもと悩ましいです。

近いうちにまた再訪したいですね。

住所大阪府大阪市北区大深町4−1 グランフロント大阪うめきた広場 B1F
電話06-6131-8520
営業時間10:00〜22:00
WEB SITE公式サイト
駐車場
Wifi
禁煙・喫煙禁煙