スポンサーリンク

バウムクーヘン戦国時代 ローソンも強化!UchiCafe『生バウム −生バウムクーへン−』

ローソン『生バウム -生バウムクーへン-』

コンビニスイーツ 春の新作ラッシュが続いてますね。

そんな中、コンビニのバウムクーヘン市場は、戦国時代の要素が!

ローソンもバウムクーヘンの強化を図ってきました。

コンビニのバウムクーヘンバトルは、セブンイレブンとファミリーマートの2強だと思うのですが、、、

詳しくは、過去記事のバウムクーヘン記事を参考にして下さい。

ここにきて、ローソンが新作『生バウム』を投入してきました!

気になっていたので、購入してみました。

ローソン『NAMA BAUM 生バウム』

公式によりますと

卵に生クリームを加えた生地を一層一層丁寧に焼き上げています。従来品より生クリームと牛乳の配合量をアップし、よりしっとり食感に。コーティングのシュガーグレーズ量を増やし、シャリシャリ感も楽しめます。

となっています。

ローソン標準価格165円(税込)なので、値段的には、他のコンビニとあまり変わりがありません。

見た目はセブンイレブンと同じ山形の凸凹面にシュガーコーティングされているタイプです。

生バウムと謳っているので、しっとり食感に期待します。

で、食べてみた感想としては。。

ローソン『生バウム -生バウムクーへン-』

フワッと感があり、たしかにしっとり系ではあると思います。

ただ、ファミリーマートのバウムクーヘンと比べるとしっとり感は少なく感じます。

ふわっとしていて、ギュッと詰まった感ではないので、しっとり感が弱くなる気がします。

これはこれで、アリな気がしますが、冷やして食べる系はしっとりのほうが私は好きです。

かといってパサパサではないですよ。

シットリとろけるではなく、ふわっととろける感じなんです。。

うまく表現できないですが。。

全体の味としては、ちょっと甘みが強いかなと思います。

コーヒーなどのドリンクと一緒に食べるにはちょうどよい感じでしたね。

ローソンの生バウムクーヘンの製造元を調べてみると、『株式会社モンテール』さんです。

ローソン『生バウム -生バウムクーへン-』製造元 株式会社モンテール

モンテールでは、『クウル』という冷蔵庫で冷やして食べる、しっとり潤う『ひんやり焼菓子』シリーズを発売されています。

たしか、コンビニではミニストップで売っていたと思います。

そう思うと、確かにミニストップで買って食べたのは同系統だったなと思いました。

冷やして食べるバウムクーヘン系好きとしては、押しの商品になります。

しっとり系でも、ふわっと口どけが好きな方は、手軽にローソンで購入できる『生バウム』はお勧めです!

ただ、何度も言うようですが、ファミマのバウムクーヘンが最強だとは思います!

ファミリーマート バウムクーヘン