スポンサーリンク

大阪北摂:紅葉の時期 箕面の滝散策

2019-06-08

minoh10

明治の森箕面国定公園内にある日本の滝百選の一つに選定されている箕面の滝を見に行ってきました。

箕面の滝は、意外とお手軽に行くことができます。

阪急梅田から宝塚線で石橋まで、約20分程度。そこから箕面線に乗り換えて約6分で阪急・箕面駅に到着です。

駅から箕面川に向かってお土産物屋さん街があり、しばらく歩くと箕面川が見えてきます。

お土産物屋さんは、どこも箕面名物『もみじの天ぷら』を売っています。

興味はあるのですが、今回は手をだしませんでした。

箕面川にそって歩くこと約40分程度で、箕面の滝に到着です。約3キロほどの道のりでハイキングにはピッタリです。

ちなみに車で行く場合は、滝近くの大日駐車場から約15分で滝に到着できます。

ただ、滝以外あまり観るものがないので、駅近くの駐車場に停めてから散策するほうが楽しめるのではと思います。

今回、散策した感想としては、滝周辺より途中の紅葉がキレイでした。

minoh08

minoh07

minoh06

minoh04

道途中に『箕面公園昆虫館』があります。

昆虫館は、あさ10時から午後5時までやっています。入館料は大人270円で、中学生以下は無料でした。

http://www.pref.osaka.lg.jp/ikedo/insect/

子供向けイベントをやっていたりするようなので、家族連れが週末は大勢訪れているようです。

大人になると何故、昆虫が苦手になるのでしょうか。。

放蝶園で蝶の飛び回る姿に癒やされる以外は、足早に館内をまわりました。

ただ、子供はクイズラリーを一生懸命楽しんでいました。昆虫カードをもらって喜んでます。
minoh03

箕面の滝までは比較的ゆるやかなコースですが、道途中にはお茶屋さんやカフェ、休憩所があるので、自分のペースで散策できます。

ペットと散歩に来られている方や、観光客、ハイキングを堪能する人、様々な人が自分のペースで散策されてました。

箕面の滝につくと、休憩所やお茶屋さんがあるので、滝を見ながらのんびりとすることができます。

私達家族は、今回9時頃に箕面駅を出発して、10時前に滝に着いたのですが、かなりの観光客がおられました。ゆっくり写真を撮ったり、散策したい場合はちょっとはやめに駅についたほうがよいかもしれません。9時台はそれほど人が多くないかなと思っていたのですが、滝に着いてみると大勢の方がおられました。

minoh05

minoh09

i_minoh

さて、片道3キロの工程ですが、往復ですと6キロの道のりです。

ちょっと疲れた時は、足湯でほっこりするのもいいかもしれません。

箕面温泉スパーガーデン前にある無料の『ゆずるの足湯』や阪急箕面駅にある『もみじの足湯』疲れをとるのもいいかもしれません。

ちなみに、もみじの足湯は150円でタオル付きです。

minoh01