スポンサーリンク

大人のXmasプレゼントにも!?永遠の名作絵本『どうぞのいす』

2019-06-15

12月になってクリスマスシーズンの色が濃くなってきましたね。

そろそろ、大人が頭を悩ませるのがクリスマスプレゼント。

お子さんへのプレゼントや恋人へのプレゼント。

いろいろと悩んでいる時間も楽しいですよね。

さて、そんな中で、プレゼントとして絵本はいかがでしょうか?

お子様へのプレゼントはもちろん、彼女へのちょっとしたサプライズプレゼントとして、

喜んでもらえるのではないでしょうか?

そんな絵本シリーズを、何回か紹介できたらと思います。

今回は、25年以上売れ続けるベストセラー絵本『どうぞのいす』のご紹介です。

作:香山 美子、絵: 柿本 幸造、出版社: ひさかたチャイルド

のこちらの作品、小さな思いやりとかわいらしい画が魅力的な絵本です。

読んであげるのに適正な年齢は3、4歳の児童ですが、大人が読んでもジンときて、

心が癒やされる名作だと思います。

出版社内容紹介より

うさぎさんが作った椅子をめぐって次々に繰りひろげられる取りかえっこ。「どうぞ」にこめられたやさしさが伝わってくるロングセラー絵本。

個人的にクリスマスプレゼントに最適だなーと思う内容が、出て来る動物達が、プレゼントとして前の人が置いていったモノをいただく替わりに、自分もプレゼントを置いていく点です。

自分だけがいただくのではなく、他の人にもプレゼントを残すというのが、何処かクリスマスシーズンにピッタリな幸せのおすそ分けな感じに受け取れます。

実は、こちらの作品、シリーズになっていて

『ごろりん ごろん ころろろろ』

という絵本もでています。

『どうぞのいす』が気に入った方はきっとこちらの作品も気に入られるのではないでしょうか?

他にも、同じコンビで書かれている絵本は色々とでています。

気になる方はこちらからどうぞ!

絵本って、子供に読み聞かせをする中で改めて思うのが大人になっても楽しめるものだなーというとこです。

子供のときには、理解できていなかった内容が、大人になって、意図がわかったり素直な気持ちになれたりと新たな発見があります。

今のシーズンですと、本屋さんでもラッピングがクリスマス用にしてもらえたりします。

本屋さんのラッピングは結構かわいらしいのであったり、オシャレなものであったりしますので、

グループのプレゼント交換なんかでも使えるのではないでしょうか。

ちょっと気になった方は、是非本屋さんに足を運んで閲覧してみて下さい。

ひょっとしたら、他の素敵な作品に出会えるかもしれませんよ!