スポンサーリンク

Wunderlistの終了に備えて、タスク管理ツール『Todoist』を検証

Todist タスク管理ツール

私の中で最強のタスク管理ツールは、Wunderlistというツールなのですが、先日、ネットを見ていると、
WunderlistがMicrosoftに買収されて Microsoft To-Do が主軸になり、Wunderlistが終了するというニュースを発見!

使い始めて3年。

今更、他のツールで代替え出来るのか!?

後継のMicrosoft To-Doが同じ機能をもっているのなから問題ないのですが、試すためには

Microsoft アカウントが必要。もしくはOffice 365で使用しているアカウント。

まー、無料で作れるので問題ないですが、

現状のアカウント以外に作成が必要なので、ちょっと保留。

で、検索していると人気なのが『Todoist

しかもWunderlistからデータの移行が可能

PCやスマホ用のネイティブアプリもあり!

なんとなくWunderlistに似ている!?

ということで、まずはTodistを1週間ほど試してみることに。

データがインポートできるので、現状のタスクはサクッと表示されました。

Todist Wunderlist移行データ

で使い勝手ですが、大枠の使い勝手はWunderlistと変わらない印象ですが・・・

Wunderlistと同じことは難しいということがわかりました。

デスクトップ版やWEBアプリだと自分の作ったタスクのプロジェクト移動は可能。
スマホアプリ版は、移動の仕方がわからない。

これはおそらくタスクの考え方が当日中心だからだと思います。

当日タスクになっているものはリスケジュールで移動可能。タスクの期限変更を行う。

しかし、自分の使い方は曜日プロジェクトをつくり、当日の曜日タスク一覧を開きタスク管理を行っています。

未来の予定を火曜から木曜とか簡単にタスク管理日を変更したいなどが便利な為です。

これはデスクトップで作業するには、さほど困らなさそうという印象です。

ただ、スマホ版ではサクっと移動させるのは難しかったです。

そして、決定的に自分の中で足りない機能がリマインド機能。

指定した日時になったら、アラートでお知らせする機能。

リマインド機能自体はTodistが優れていると思います。ただしこの機能は有料。。

使う場合は、年間3500円必要です。

月額300円以下なので、安いといえば安いのですが、現在無料で同等の機能を使っているので、ちょっと乗り換えるのはなーって感じです。

ただ、会社全体で導入するなら使い勝手は良さそうです。

Slackとの連携や経費などの管理も連動できるようです。

個人のタスク管理で使うには、使い方次第だなーという印象でした。

今日のスケジュール管理で、タスクごとに日時管理できれば問題ないのかもしれません。

ただ、リマインド機能必須の人は、有料版になるので、無料で使いたい方には向いてないと思います。

お試し期間は、プレミアム機能でリマインド機能も使えますが、期間がすぎると使えなくなるのでテストで試す場合は、それを忘れない事が重要だと思います。

スマホアプリ WunderlistとTodsit立ち上げ時画面比較
スマホアプリ WunderlistとTodsit立ち上げ時画面比較

Todistは、タスクの期限設定をしっかり管理して、当日どんなタスクがあるのかを管理する。

Wunderlistは、タスクそのものを管理するという印象ですね。

ちなみにWunderlistの終了日は、公式アカウントによるとまだ決まっていないようです。

正式に確定したら、アナウンスがあるようなので、それまでに移動先を探さないと。

公式サイトを見ていると、To-Doの使い勝手はWunderlistに近づきそうなので、次はMicrosoft To-Doを試してみようと思います。

ルーチンタスクはこれで解決!To-do管理アプリ Wundrerlist

雑記

Posted by Web Owner